万能鑑定士Qの事件簿VI 松岡圭祐(感想)

万能鑑定士Qの事件簿Vが予想以上に面白かったので、続けて6巻読んでみましたわーい(嬉しい顔)

あいかわらず軽く読めて楽しめます。

読み始めフャッション関係の話かと思ったら雨森華蓮という「万能贋作者」なる凜田莉子のライバルのような人物も登場してきました。

雨森華蓮がパンクファッションというのがちょっと気になるけど、もしこの二人がタッグを組めば凄いことになりそうです。

「万能贋作者」というだけあって何でも偽物をつくるようですが発想が凄いですねexclamation

いろいろとあるけどラストは爽やかな気分で終わるので嬉しいですぴかぴか(新しい)




posted by totosi at 2014年05月14日12:13
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万能鑑定士Qの事件簿V 松岡圭祐(感想)

綾瀬はるか主演で「万能鑑定士Qの事件簿」が映画化されるということで、久しぶりにこのシリーズを読んでみました。

4巻まで読んでいたので、続きの5巻です。

映画は9巻が使われているようです。

で、この5巻ですが、面白かったですわーい(嬉しい顔)

個人的には、1〜5巻まででは一番面白かったです。

相変わらず軽く読めますが、ちょっと奥深い感じもして感動してしまいました。

主人公の凜田莉子の知的な活躍にワクワクします。

今回、パリ旅行に行ってルーヴル美術館にも訪れているので映画の9巻にも通じてるのかもしっれません。

超おバカだった主人公の凜田莉子が知的になっていくのを見ると自分も勉強したくなってきますグッド(上向き矢印)

前向きになれるサスペンスですねぴかぴか(新しい)


posted by totosi at 2014年05月10日23:53
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメイジング・スパイダーマン2 パンフレット

アメイジング・スパイダーマン2見てきました。

パンフレット720円です。
IMG_7911_400.jpg
光沢のある表紙です。

アメイジング・スパイダーマン2中面
内容は普通です。

最近、近所に出来た劇場にTCXとDolby Atmosが導入されてたので3Dで見ました。

アメイジング・スパイダーマン1も3Dで見ましたが、その時は3Dで見るほどではなかったな、と思いましたがこの劇場は迫力あって楽しめましたわーい(嬉しい顔)

映画自体も面白かったですが、個人的にはサム・ライミ監督とトビー・マグワイアのスパイダーマンのほうが子供の時に見ていたスパイダーマンに近いので好きなのですが、、、

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーでもエンディングでX-Menを思わすキャラクターが登場してきたので次回作が楽しみでするんるん

アベンジャーズとしてスパイダーマンが登場するのか?



posted by totosi at 2014年05月09日13:14
| Comment(0) | TrackBack(0) | パンフレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー パンフレット

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー見てきました。

パンフレットです。
IMG_7892_400.jpg
ちょっと哀愁のあるキャプテンの姿で、最初 X-Men かと思いました。

マットな紙質で720円、増税の影響で小銭入れがパンパンですふらふら

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー中面

この映画はロバート・レッドフォードが出演しているということで見に行きました。

そしてパンフレットにインタビューが載っているのを期待して買ったのですが、なくて残念でしたもうやだ〜(悲しい顔)

結構重要な役だったのに、写真も載ってないexclamation

救いは、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンが14歳の時に「モンタナの風に抱かれて」でロバート・レッドフォードと共演した話が少し出ていたことかなぴかぴか(新しい)

「アベンジャーズ以外、全員敵」というキャッチコピーはオーバーな気がしますが、映画自体は面白かったです。

アクションも飽きずに見れました。

キャプテンが盾だけで銃弾の嵐をさけるのはちょっと、と思いましたが、、、

前回同様、次回作につながるような終わり方でした。



posted by totosi at 2014年05月08日23:58
| Comment(0) | TrackBack(0) | パンフレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不祥事 池井戸潤 (感想)

「花咲舞が黙ってない」の原作「不祥事」を読んでみましたわーい(嬉しい顔)

表紙の感じからして気の強そうな女性が主人公で面白そうと思いました。

実際に読んでみると気の強い、というか正義感の強い女性が活躍します。

上司には花咲という名前を狂咲と呼ばれるほどですが、間違ったことをしているわけではなく、正しいことを正しいと言うだけなんですが、銀行の常識とは違うようです。

ドラマの杏さん演じる花咲は優しい感じもしますが、原作の花咲はもっと切れる感じでビシッと決めてくれるのでスカっとしまするんるん



タグ:池井戸潤
posted by totosi at 2014年05月07日12:51
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アナと雪の女王 パンフレット

ディズニー「アナと雪の女王」なんだか凄くヒットしてるみたいですねわーい(嬉しい顔)

予告編がよかったので見に行ってきました。

パンフレットは四角い形で720円でした。

アナと雪の女王パンフレット表紙

アナと雪の女王中面
皆が劇場で歌うという話題の歌詞も付いています。

アナと雪の女王裏面

パンフレットの内容はごく普通です。

でも映画は大ヒットしているだけあってとても良かったですグッド(上向き矢印)

キャラクターがみんな魅力的だったしシンプルでわかりやすいですexclamation

映像もメチャキレイぴかぴか(新しい)

アナとエルサも良かったけど、雪だるまのオルフもポジティブで大好きです黒ハート

アナを助けるために「アナのためなら溶けてもいい」みたいなセリフも言ういいやつです。

しかしアナが姉のエルサを助けようとするシーンは泣けてきましたもうやだ〜(悲しい顔)

今回は吹き替えも評判良いみたいでしたが時間的に字幕2Dでみました。

も一回、次は吹き替えで見に行こうかなと思うぐらい良かったです。

エルサが歌う「Let It Go」のメロディーも頭に残ってます〜

劇中エルサ役で歌うイディナ・メンゼルと松たか子、エンドソングのデミ・ロヴァートとMay J.どれもいいですねるんるん





posted by totosi at 2014年04月12日11:10
| Comment(0) | TrackBack(0) | パンフレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語は「インド式」で学べ! 安田正(感想)

以前に算数のインド式ドリルみたいなのが流行った気がしますが、英語もあったんですねわーい(嬉しい顔)

読んでみてある意味、目からうろこが落ちるという感じでした。

英語をしゃべる人の人口は20億人だそうですが、その内ネイティブは15%で非ネイティブが85%だそうですexclamation

なぜか海外の非ネイティブの人がペラペラと英語をしゃべっているのを見かけるけど、日本人はあいかわらず英語の苦手意識が強いように感じますふらふら

日本人が英語が苦手なのは学校教育に問題があると思うのですが、、、

僕も英語の勉強は少しずつしてますが、まだまだ出来ませんもうやだ〜(悲しい顔)

しかし、この『英語は「インド式」で学べ!』は簡単に英語が出来る方法を教えてくれてます。

コツはシンプルにわかりやすくという感じです。

例えば「参加する〜」take part in を使うのではなく、「来る〜」come を使えばいいそうです。

take part in は知らなくても come は誰でも知っているから世界中で通じるということです。

つまり「インド式」は簡単に使える英語のポイントを教えてくれてるんですねグッド(上向き矢印)

構成は、
・はじめに
・第1章 「従来の英語学習法」5つの間違い
・第2章 「世界標準の英語」はカンタンになっている
・第3章 「インド式英語学習法」こそ、最も効率のいい学習法
・第4章 「3つの単語」だけで、英語が話せる!
・第5章 英語がカッコよく話せる「7つのコツ」
・第6章 【巻末資料】「sound/find/give」の仲間の動詞39個

となっていて、第1章〜第3章は「インド式」がなぜいいのかという解説的な内容で、第4章から「インド式」の方法を教えてくれてます。

簡単とはいえ、それなりに練習と学習は必要だと思います。


posted by totosi at 2014年04月10日10:20
| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麒麟の翼 東野圭吾

久しぶりに刑事モノを読んだ気がします。

去年の夏に、東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズ「新参者」を読んでましたが軽く読めた気がします。

今回の麒麟の翼は少し空気が重かったです。

しかしラストは考えさせられましたグッド(上向き矢印)

物語は、日本橋の麒麟像の下で一人の男がナイフを刺されて倒れていた。

そして被害者の鞄と財布をもった不審者がトラックにはねられ重体になる、、、

当然、不審者が犯人ではないかと推測されるが加賀刑事は被害者がなぜその場所にいたのかにこだわって捜査する。。。

今回の感動ポイントは父の愛というところでしょうか(個人的に)わーい(嬉しい顔)

殺された男と高校生の息子は仲が悪いが父の気持ちを知って気持ちが変わる。

自分は、まだ父親ではないけれどもし子供が出来たとき正しい態度を見せれるだろうかと、ちょっと心配になりましたふらふら

あまり詳しいことは書けないけど、間違った態度を見せることで子供達に間違った行動を起こす教育をしていることになるんだな〜と感じました。

最近若い人の変な犯罪が多いのも、大人が普段からズル賢いことを見せているからではないかと思えてきました。

生活態度を改めようexclamation×2





posted by totosi at 2014年04月08日18:29
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。