アナと雪の女王 パンフレット

ディズニー「アナと雪の女王」なんだか凄くヒットしてるみたいですねわーい(嬉しい顔)

予告編がよかったので見に行ってきました。

パンフレットは四角い形で720円でした。

アナと雪の女王パンフレット表紙

アナと雪の女王中面
皆が劇場で歌うという話題の歌詞も付いています。

アナと雪の女王裏面

パンフレットの内容はごく普通です。

でも映画は大ヒットしているだけあってとても良かったですグッド(上向き矢印)

キャラクターがみんな魅力的だったしシンプルでわかりやすいですexclamation

映像もメチャキレイぴかぴか(新しい)

アナとエルサも良かったけど、雪だるまのオルフもポジティブで大好きです黒ハート

アナを助けるために「アナのためなら溶けてもいい」みたいなセリフも言ういいやつです。

しかしアナが姉のエルサを助けようとするシーンは泣けてきましたもうやだ〜(悲しい顔)

今回は吹き替えも評判良いみたいでしたが時間的に字幕2Dでみました。

も一回、次は吹き替えで見に行こうかなと思うぐらい良かったです。

エルサが歌う「Let It Go」のメロディーも頭に残ってます〜

劇中エルサ役で歌うイディナ・メンゼルと松たか子、エンドソングのデミ・ロヴァートとMay J.どれもいいですねるんるん







posted by totosi at 2014年04月12日11:10
| Comment(0) | TrackBack(0) | パンフレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠の0 パンフレット

永遠の0のパンフレットですわーい(嬉しい顔)

永遠の0パンフレット表紙

700円でツルっとした表紙がかっこよく、50ページほどあり、ちょっとした本のようでするんるん

p.16永遠の0パンフレットp.24

永遠の0パンフレットp.32永遠の0パンフレットp.38

目次をみると

ストーリー
Cast Interview
 岡田准一、三浦春馬、井上真央、キャスト・コメント
Staff Interview
 監督:山崎貴、美術:上條安里、零戦制作監修:大澤克俊、
 VFXディレクター:渋谷紀世子、撮影:柴咲幸三、
 スタッフ・コメント、プレビズ・アドバイザー:栃林秀
プロダクション・ノート
0の年表
0の用語集
SPECIAL MESSAGE
主題歌:サザンオールスターズ
音楽:佐藤直紀
原作:百田尚樹
END CREDIT

という感じで盛りだくさんですexclamation

映画も良かったです。

永遠の0」の原作も読んでいたので、どのように映画化されるのか心配してましたが、上手くまとめてると思いました。

ただし、上手くまとまっているぶん、前半部分の宮部さんの事をしっている戦争体験者の話がかなりはぶかれているので、当時の背景があっさりとしか分からず、原作と比べると深みは少なく感じます。
(実際ストーリーには必要のない話も多いと読みながら思ってましたが、読み終わったあとでやはり当時の事を知るためには必要だったなと感じた。)

それと、僕自身は原作ではお姉さんにかなり泣かされた思い出がありますが、映画ではそれはなかったです。

でもやっぱりいい映画には違いないと思いますし、もう一回見てみたいと思いましたグッド(上向き矢印)



タグ:永遠の0
posted by totosi at 2014年01月03日22:47
| Comment(0) | TrackBack(0) | パンフレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロ・グラビティ パンフレット

ゼロ・グラビティのパンフレットです。

Gravity表紙

横長で800円、前半は宇宙の写真集のようですわーい(嬉しい顔)

Gravity01

Gravity03

Gravity04

Gravity05

パンフレットの後半はモノクロです。

迫力のある映画でしたねわーい(嬉しい顔)

タイトルの原題は「Gravity」で、重力という意味のようです。

映画は迫力ありましたね。

確かに、お話としては単純だけど、宇宙の怖さが伝わってきてそれ自体がストーリーと感じました。

後は、脱出劇というところでしょうか。

宇宙に行ったことがないので、どれぐらいリアルかわかりませんが、本当の宇宙っぽかったです〜

パンフレットに載っている宇宙飛行士の山崎直子さんの話では宇宙空間の描写はリアルそうですが、実際の宇宙飛行士としてやらなければならない手順などは、はぶかれているようです。

3Dで見ましたが事故の原因になる人工衛星の破片が飛んでくるところは大迫力でしたが、メガネのせいで画面が少し暗く見えたのが残念でしたふらふら

登場人物も少なく、後半は主人公のライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)のほぼ独り舞台。

見終わったあとは、それほど感動もなかったですが、あとあともう一度見てみたいという欲求がでてきました。

近い将来にもっと簡単に宇宙を体験できるようになるかもしれませんが、今はもう一度劇場で映画の宇宙空間を楽しみたいでするんるん

posted by totosi at 2014年01月02日23:56
| Comment(0) | TrackBack(0) | パンフレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。