プロフェッショナル シンキング 未来を見通す思考力(著)宇田左近、平野敦士カール、菅野誠二、(監修)大前研一

大前研一さん監修の本ということで読んでみましたわーい(嬉しい顔)

大前さんの本を読んでいるといつも熱いものを感じるんですが、この本はどちらかというと淡々として参考書みたいでした。

よく見るとBBT大学シリーズとなっていいます。

BBT大学とは、大前研一学長が設立した、正規の経営学の学位が授与されるオンラインベースの大学だそうです。

そのシリーズということだけあって、内容も本格的で専門的です。

既に経営に関わっている人や目指してる人には良いかもしれません。

専門的な本のわりにスラスラと読めたのは身近でわかりやすい事例なんかのおかげかもしれません。

ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズも登場してきます。

ジョブズがどうのように発想して製品を作っていたか興味深く読めました。

あと印象に残っている文を読み返してみて引用しますと。

ノーベル賞を受賞した日本人科学者の話
“「日本の組織における『空気を読む』ということをしたくなかった。常識とかにしたがってたら、失敗を失敗と思って、そこで実験をやめていたかもしれない。『空気が読めない』と言われても、放置することがだいじなのではないか」”

まさに日常でよくある話ですね。

空気を読むというか周りの雰囲気に飲まれてしまうというか、現実では上司の意見に逆らうと降格していずれ会社を去っていく人をたくさん見てきました。

けどそれではダメなんですよね。

空気を無視するか、良い空気を作る必要がありますね。




posted by totosi at 2015年08月17日23:57
| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手にした人だけが次の時代に行ける黄金のボタン 小楠健志

黄金のボタンというのは魅力的なタイトルですねわーい(嬉しい顔)

普通の本というよりも、小冊子という感じですね。

字が大きく、読むのが早い人はあっという間に読み終わると思いますグッド(上向き矢印)

内容はまさに表紙に書いてある、格闘家あがりのダメ治療家が1年で全国に100店舗つくった話です。

でも決してダメ治療家というわけではありません。

普通ビジネス本と違って、簡潔な体験談とズバリ答えが書いてあります。

だから短いのかな〜

個人的に感動したポイントは、WIN - WINではなくALL WINを目指してるところでしたぴかぴか(新しい)

素晴らしいるんるん




posted by totosi at 2015年04月06日22:30
| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか? この「ひと工夫」が一流の人生を作る。 臼井由妃

本好き、本屋好きの僕にとっては魅力的なタイトルですねわーい(嬉しい顔)

内容は本屋での待ち合わせというのは本の一例で「ひと工夫」の例が色々と紹介されています。

すでにできる人は知っていることばかり、やっていることばかりかもしれませんが、自分ではまだまだと思っている人にはわかりやすく良いかもしれません。

面白いなと思ったのは勉強にも損切りの考えを取り入れてることに驚きました。

自分はいつもダラダラとマイペースにやってしまうので勉強にコスト意識を取り入れて資格試験には一回だけ受験するという姿勢に感心しました。

ビジネス本やセミナーでよく出てくる5W2H
「When」「Where」「Who」「What」「Why」「How」「How much」
個人的にはあまりこういう形式ばったのは好きではありませんが「Why」に重要として、「なぜ」○○なのかと仕事だけでなく世の中の状況に対して「Why」の視点をもつというのは共感できました。

あとは興味深いデータで「平日働く女性が最も老けて見える時間は、水曜日の15時30分」なんですってがく〜(落胆した顔)

男性はどうなんだろう?

そんなわけで色々な理由で水曜日にジムにかようのは良いみたいですよ。

とにかく、小さなことでもバカバカしいと思わずまずやってみるということが大事なのかもしれませんね。



posted by totosi at 2014年11月09日22:57
| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。