神の守り人 上橋菜穂子

最近hは主人公の女用心棒をすっかり綾瀬はるかのイメージで読んでしまってますわーい(嬉しい顔)

この「神の守り人」は上「来訪編」と下「帰還編」に別れていますが、一気に読んでしまいました。

幼い少女アスラに恐ろしい力が宿ってしまい、それを阻止するために少女を殺そうとする大人と、利用しようとする大人たち。そんな少女に人殺しをさせまいとバルサが活躍します。

このシリーズも巻を重ねるごとに登場人物もまた成長しているのがわかるのが嬉しいですねぴかぴか(新しい)







posted by totosi at 2015年06月21日23:47
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虚空の旅人 上橋菜穂子(感想)

綾瀬はるかのドラマが待ち遠しいシリーズの第4弾ですわーい(嬉しい顔)

綾瀬はるか演じる主人公バルサの物語と思っていたら、この巻では第1話の登場していた皇太子チャグムが主役で、バルサはこの巻では活躍しませんでした。。。登場すらしないです。

でも面白かったグッド(上向き矢印)

このシリーズは児童文学でファンタージーですが登場人物の成長や様々な人生模様が描かれていてすごく面白いのでオススメです。

早くドラマが始まらないかと〜期待してますが、壮大なファンタジードラマだけに不安もあります。

でも楽しみるんるん



posted by totosi at 2015年03月29日18:35
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探偵の探偵 松岡圭祐(感想)

松岡圭祐の最近の作品は万能鑑定士Qのシリーズを中心に読んでいたので、人の死なないミステリという売りのとおりホンワカした雰囲気の作品をイメージして読み始めましたが、内容は全く想像と違いハードなものでしたexclamation

なんとなく表紙が暗い感じなので少しは予感のしてたものの思った以上に殺人や暴力の多い内容でした。

そもそも「探偵の探偵」って変なタイトルだなと思いましたが、内容はまさに探偵を探偵する物語で、紗崎玲奈とうい若い女性が主人公で、彼女が探偵スクールの説明会にはじまり、スクールで学ぶシーンほとんどなく、数年後に悪徳探偵を探偵する業務についてるところから物語が動き出します。

普通の女の子が主人公なので、訓練しているとはいえ、危ない目にあうのでハラハラします。

今後の展開が楽しみです。

posted by totosi at 2015年02月08日12:09
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。