探偵の探偵 松岡圭祐(感想)

松岡圭祐の最近の作品は万能鑑定士Qのシリーズを中心に読んでいたので、人の死なないミステリという売りのとおりホンワカした雰囲気の作品をイメージして読み始めましたが、内容は全く想像と違いハードなものでしたexclamation

なんとなく表紙が暗い感じなので少しは予感のしてたものの思った以上に殺人や暴力の多い内容でした。

そもそも「探偵の探偵」って変なタイトルだなと思いましたが、内容はまさに探偵を探偵する物語で、紗崎玲奈とうい若い女性が主人公で、彼女が探偵スクールの説明会にはじまり、スクールで学ぶシーンほとんどなく、数年後に悪徳探偵を探偵する業務についてるところから物語が動き出します。

普通の女の子が主人公なので、訓練しているとはいえ、危ない目にあうのでハラハラします。

今後の展開が楽しみです。



posted by totosi at 2015年02月08日12:09
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。