免疫力をあなどるな! 矢ア雄一郎

免疫という言葉はよく聞き知っていますが、実際にはどんなものなのかよくわかっていませんでした。

免疫細胞というのは、みんな同じものだと思っていましたが、色々とわかりました。

まずサブタイトルにある“健康な身体は「ボス細胞」でつくられる”とあるようにボス細胞なるものが人間の身体にはあるということ。

そして免疫細胞がしっかりしていれば病気にもなりにくく病気になっても治りがはやいというのに納得です。

人間の身体は約60兆個の細胞で出来ていて、そのうち免疫細胞が約2兆だそうです。

その免疫細胞の70%が腸に存在しているそうですグッド(上向き矢印)

口から入るのは栄養素だけでなく食べ物と一緒に細菌やウィルス、化学物質などの異物も一緒に身体に入ってくるので、それを腸内で免疫細胞が身体に必要なものだけを取り込み、それ以外を排除するという働きをしているんですね。

驚きだったのは毎日細胞が分裂して新しくなり、どんな人でもそのうち5〜6000個のがん細胞が生まれているそうですがく〜(落胆した顔)

そして免疫細胞が毎日戦って活躍しているからこそ健康でいられるんですねわーい(嬉しい顔)

もう一つ大事なことは子供の頃に泥んこ遊びをすることだそうで、免疫細胞のトレーニングなり免疫力が上がるようです。

そういえば風間トオルさんが子供の頃は貧乏で草とかも食べていて、身体が丈夫になり、撮影でジャングルに行ったときもスタッフ全員が倒れたけど風間トオルさんだけが何ともなくて一人で仕事してたみたいな話をしてたのを思い出しました。

子供の頃はあまり神経質にならずに外で元気に遊ぶことは大事だなと再認識しましたぴかぴか(新しい)






posted by totosi at 2014年10月31日06:14
| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。