万能鑑定士Qの推理劇I 松岡圭祐(感想)

「万能鑑定士Qの事件」から「万能鑑定士Qの推理劇」へタイトル変更された第一段ですわーい(嬉しい顔)

タイトルが変わっても内容の面白さは変わりませんでした。

別シリーズ「特等添乗員αの難事件」の浅倉絢奈が登場するということで、どんな絡みなのか期待していましたが、少しの登場のみでした。

しかし、インパクトはありましたね〜次回読んでみたいです。

今回の事件は前半、一見バラバラの小さな事件が起こりますが全てが繋がっています。

メインになるのは凛田莉子が宝石鑑定イベントに捜査に協力するために参加する話ですね。

印象に残るセリフは「人生のスタートラインに差なんかありません。〜人は同じ道の上で優劣を競ってなどいません。それぞれの道を行くだけです」

そして莉子はまた人を助け、味方にしていくんですね。

やはりこのシリーズの魅力は推理や事件解決だけでなく、凛田莉子の純粋な心で全力で人を助け、悪人をも改心させるところが素敵ですねぴかぴか(新しい)




posted by totosi at 2014年10月23日04:06
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。