闇の守り人 上橋菜穂子(感想)

綾瀬はるかさんがドラマでやると知って読み始めてシリーズの二冊目ですわーい(嬉しい顔)

一冊目よりも面白く感動的でしたグッド(上向き矢印)

前回に少し語られていた主人公のバルサが故郷に帰る話ですが、バルサが知っている以上の陰謀に巻き込まれます。

このシリーズは何といっても世界観がいいですねぴかぴか(新しい)

そして単なる善と悪ではなく、人の生き方とか運命というだけでなく、時には不条理なことに巻き込まれるけどそれでも向き合って戦っていく姿に勇気づけられます。

すぐに次の話が読みたくなるくらいこの東洋的なファンタジーにはまってしまいました黒ハート

登場人物が毎回それぞれに成長していくのが良いですね。





posted by totosi at 2014年10月19日23:01
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。