イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者 竹内一正

イーロン・マスクのことを知ったのは「今でしょ!」の林修先生の番組でした。

それまでは全く知らない人でした。

こんな凄い人がいたのかと新鮮な驚きでしたexclamation×2

何が凄いかというと民間でロケットを開発して成功させ、しかもNASAよりかなり10分の1するという。

NASAの宇宙開発も日本の東電のような仕組みでコストが高く付いていたのにも別の意味で驚きでしたが、、、結局どこの国でも税金に群がる利権ってあるんですねもうやだ〜(悲しい顔)

ロケット開発をしている理由が人類を火星に移住させるという壮大な目的があるのも凄いですグッド(上向き矢印)

ロケットの他にも電気自動車を開発したりと地球の事を考え貢献しようとしている姿に感動しましたぴかぴか(新しい)

イーロン・マスクは、南アフリカ出身でカナダに移り住み、その後アメリカへ渡ったようです。

ソフト会社を起業し売却、さらにインターネット決済会社を起業し売却と大金を手にして31歳で宇宙ロケットベンチャー「スペースX社」を立ち上げたんですね。

もちろん宇宙ロケット開発も、電気自動車も困難でしたが失敗しても前向きに進んでいく先に成功があるということに勇気づけられましたわーい(嬉しい顔)





posted by totosi at 2014年10月14日05:56
| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。