All You Need Is Kill 桜坂洋

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
トム・クルーズ主演のオール・ユー・ニード・イズ・キルexclamation

意外と映画が面白かったので原作も読んでみることにしましたわーい(嬉しい顔)

日本原作という宣伝はよく流れていますね。

実際に読んでみるとライトノベルらしい軽く読める作品で、映画はうまくアイデアを取いいれているな〜という感想です。

戦闘シーンの迫力は文字ではなかなか表現できないと思いますが映像ではすばらしくスピード感とリアリティーで表現されていて楽しめます。

ゲームのように最初は簡単に敵にやられて死んでいくのがリアルでよいです。

普通主人公は銃弾の嵐の中でも弾に当たらない不思議さがありますが、この映画は遠慮なく死んでいきまするんるん

そしてコツを掴んでゲームを進めるように主人公も何度も繰り返して勝っていくのが説得力あります。

ラストも感動するとかはないけれど、単純に娯楽として楽しめる作品だと思います。

原作と映画ではちょっと違うけどそれぞれの世界観があってよいと思います。





posted by totosi at 2014年07月21日16:35
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。