万能鑑定士Qの事件簿 IX 松岡圭祐(感想)

綾瀬はるか主演の「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」原作巻にやっとたどり着きましたわーい(嬉しい顔)

映画を観る前に読むか、後で読むか迷いましたが我慢できずに先に読んでしまいました。

でも原作では順番に読んでよかったです、前巻で登場してくる人物も関わってくるのですが映画ではカットされてるか違う表現がされているか楽しみです。

さて、物語ですが“モナ・リザの瞳”というサブタイトルが付いているとおりルーヴル美術館のモナ・リザがキーワードになっています。

通常は最初に事件が起きて凛田莉子が解決に絡んでいくパターンが多かったと思うんですが、今回は前半にモナ・リザが日本で展示されるということで、ルーヴル美術館の臨時学芸員の採用試験を受けることになるところから始まります。

そして中盤から急に事件らしい展開になっていきます〜

映画の予告編をみていると原作にはないシーンもあるしルーヴル美術館でも撮影をしているということで期待したいですぴかぴか(新しい)




posted by totosi at 2014年05月28日15:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。