万能鑑定士Qの事件簿V 松岡圭祐(感想)

綾瀬はるか主演で「万能鑑定士Qの事件簿」が映画化されるということで、久しぶりにこのシリーズを読んでみました。

4巻まで読んでいたので、続きの5巻です。

映画は9巻が使われているようです。

で、この5巻ですが、面白かったですわーい(嬉しい顔)

個人的には、1〜5巻まででは一番面白かったです。

相変わらず軽く読めますが、ちょっと奥深い感じもして感動してしまいました。

主人公の凜田莉子の知的な活躍にワクワクします。

今回、パリ旅行に行ってルーヴル美術館にも訪れているので映画の9巻にも通じてるのかもしっれません。

超おバカだった主人公の凜田莉子が知的になっていくのを見ると自分も勉強したくなってきますグッド(上向き矢印)

前向きになれるサスペンスですねぴかぴか(新しい)




posted by totosi at 2014年05月10日23:53
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。