不祥事 池井戸潤 (感想)

「花咲舞が黙ってない」の原作「不祥事」を読んでみましたわーい(嬉しい顔)

表紙の感じからして気の強そうな女性が主人公で面白そうと思いました。

実際に読んでみると気の強い、というか正義感の強い女性が活躍します。

上司には花咲という名前を狂咲と呼ばれるほどですが、間違ったことをしているわけではなく、正しいことを正しいと言うだけなんですが、銀行の常識とは違うようです。

ドラマの杏さん演じる花咲は優しい感じもしますが、原作の花咲はもっと切れる感じでビシッと決めてくれるのでスカっとしまするんるん





タグ:池井戸潤
posted by totosi at 2014年05月07日12:51
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。