挑戦 新たなる繁栄を切り開け! 大前研一通信 特別保存版 PartVII

大前研一さんの本を読むといつも危機感と希望を感じます。

今回は教育の話です。

教育には以前から関心があるので興味深く読ませていただきましたわーい(嬉しい顔)

日本の教育がもはやダメなんじゃないって、多くの方は薄々感じてるんじゃないかなと思います。

しかし、相変わらず無関心の人も多くいるようです。

今のままでは確実に将来日本は危ないと感じます。

単純に英語教育を考えても日本人は、何年も学校で英語を勉強しているのに英語をしゃべれない。。。

これは、英語をしゃべる能力がないんじゃなくて教育方針が悪いとしか思いようがないですふらふら

韓国でも昔はダメだったそうですが今は凄いexclamation

これは韓国のスター達が日本語を勉強して話していることを見てもわかります。

だから最近のママさんは子供をアメリカンスクールに入れたいと思ってたりもするのでしょう。

日本人で活躍している人は文科省の教育から外れている人、もしくは独自にコーチを付けている人ということ。

時代が変われば教育も変わらなければならない。

教育問題を考えるとつい感情的になってしまいますグッド(上向き矢印)

第一章では日本の教育の現状や世界の教育を紹介してくれてます。

第二章ではビジネス・ブレークスルー大学の話で、学生紹介などです。

第三章では問題解決思考への挑戦です

教育問題で頭がいっぱいになって第三章はあまり頭に入ってこなかったので後でもう一度読み直そう。

ビジネス・ブレークスルー大学の学生の話も興味深いです。

意外と色々な職業の人が受けてるんだなと思いました。

チャレンジしがいがありそうです。

約100分間のDVDが付いているのも嬉しいexclamation×2







posted by totosi at 2013年11月30日23:55
| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。