奇跡の音 8000ヘルツ英語聴覚セラピー 篠原佳年 セニサック陽子

「CDを聞くだけで2週間後には英語耳をゲット!」って書いてありますが、自分の場合は2週間ではあまり変化を感じませんでした。

しかし、根気良く聴き続けていると、以前より海外ドラマのセリフが時々聞き取れるようになったと感じます。

はっきり違いが分かったのは th の発音が前とは違うように聞こえるようになりました。

また、未だに聞き取れない音もあります。

とはいっても理解出来ない問題は、そもそも多くの単語を知らないということが自分の問題でもあるんですがもうやだ〜(悲しい顔)

この本によると、
“そもそも、人間の耳のは、1万6000ヘルツ〜2万ヘルツまで聴き取れる能力があると言われています。”
ところが全ての音を拾っていては大変なので、母国語の音に集中できるよう音域が限定されてくるそうです。

日本語が1500ヘルツから下が主音域で、英語は2000ヘルツ以上が主音域だそうです。

だから日本人は英語の発音が聴き取りにくくて当たり前ということなんですね。

この本に付いているCDはその聴覚の能力をリセットする役目だということですねわーい(嬉しい顔)

まー身体能力にかかわることだから個人差はあると思うので、もっと聴き続けていきたいと思います。



posted by totosi at 2013年06月13日11:20
| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。