武士道エイティーン 誉田哲也

武士道シックスティーン」と「武士道セブンティーン」の続きで最終巻。

でも終ってほしくない物語。

毎回このシリーズを読むたびに剣道っていいかもって思ってしまうのですが、今回その理由がわかった気がします。

それはタイトルにもなっている“武士道”ですねexclamation×2

たんに武道というのではなく、剣道ならではの武士道が日本人魂をゆさぶられる感じがします。

さて、今回は高校3年生になった香織と早苗の物語だけど、サブストーリー的な物語としていくつかの物語もついてきます。

最初はこの物語の途中に割り込んでくるサブストーリーは余計じゃないの?って思ってましたが、そんなことなかったです。

結構面白く、読み応えもあり脇役の人物像の背景がわかることで深みも出てきたと思いまするんるん

香織と早苗の人生に感動しましたぴかぴか(新しい)

おすすめです。



posted by totosi at 2012年03月17日16:25
| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。