売れないモノは俺に任せろ! アメリカで豆腐を売りまくった男の成功法則58 雲田康夫

なんだか面白そうなタイトルに惹かれて読んでみましたわーい(嬉しい顔)

「売れないモノは俺に任せろ! 」と少しオーバーなタイトルだなぁ〜と思ってましたが、1980年代のアメリカでは“大豆は家畜のエサ”という固定観念があったらしく豆腐が全然売れなかったらしいですふらふら

そんなわけで1985年に渡米した当時はまったく豆腐が売れなかったようですもうやだ〜(悲しい顔)

売れないものは俺に任せろというタイトルですが、何年も赤字続きだったようです。。。

1993年に当時の大統領夫人ヒラリー・クリントンさんがラジオ番組で「夫(ビル・クリントン大統領)が肥満気味なので豆腐を食べさせたい」とインタビューで話したことで豆腐のイメージが好転していったようです。

成功法則58とありますが、ほとんど失敗談をもとに書かれていて見方を変えればコメディにもなりそうでするんるん

一番の成功法則はあきらめずに何年も頑張って続けてきたことのようにも思われます。

また、アメリカでの文化の違いでのすれ違いの例もたくさん出てくるので、アメリカ進出を考えてる人には凄く参考になるかも知れません。

映画化の話もあるようで楽しみですぴかぴか(新しい)




posted by totosi at 2010年10月10日09:03
| Comment(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。