ちょんまげぷりん 荒木 源 (小学館文庫)

映画『ちょんまげぷりん』が面白かったので、原作本があると知ってすぐに買って読みましたわーい(嬉しい顔)

映画も良かったけど、原作も良いですグッド(上向き矢印)

大筋はほぼ同じで後半違う箇所も出てきますが、映画はこの原作をうまく料理してるように思いまするんるん

映画も原作もどっちも同じくらい面白いです〜

なんといっても軽く読めるわりには、個人的には心に何かずっしり残るものがあって気に入ってますわーい(嬉しい顔)

続編のあるのですぐ読んでみる予定ですぴかぴか(新しい)





posted by totosi at 2010年08月16日00:20
| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。