ちょっとしたことで、ハッピーな偶然が起こる本―サイキックセラピー 志麻絹依

サイキックとはなんじゃらほいexclamation&question

なんだか最近スピリチュアル系に興味でてきましたわーい(嬉しい顔)

この本はある意味個人的には不思議な感じのする本でした。

不思議な感じというのは、変な感じとかではなく、ここでのサイキックとはリーディング(透視)のことのようですが、ただそのスピリチュアルてきな視点だけでなくまじめなカウンセリング的な要素も交じり合ってる感じで、なんともいえない感覚で読んでました。

だから、不思議な本を読むつもりが不思議な話じゃない感じがしたのが不思議だったという、ちょっとややこしい感想の本でした。

自分自身がもっとスピリチュアルな体験をしないとなかなか理解できないのかもしれませんねグッド(上向き矢印)

<サイキック・レッスン>のコーナーもありるんるん

ちょっとしたことで、ハッピーな偶然が起こる本―サイキックセラピー 志麻絹依 (リヨン社)

ちょっとしたことで、ハッピーな偶然が起こる本―サイキックセラピー 志麻絹依 (リヨン社)


posted by totosi at 2010年04月08日23:58
| Comment(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。