ノーフォールト(上) 岡井崇(2)

う〜ん、、、色々な面ですごく考えさせられる本ですねひらめき

産婦人科が舞台なので女性の出産や病気が主ですが男性にも是非読んでほしい一冊です。

実際のお医者さんが書かれてるということでリアルです。

お医者さんといえば楽して儲けるイメージですが、この本を読んでる限り産婦人科は大変そうです。ふらふら
確かに出産に日曜日の深夜も関係ないですもんねexclamation×2
お医者さんは24時間365日必要ですし、しかも給料安いって大変ですよね、、、使命感が無いととても勤まりませんどんっ(衝撃)

まだ上巻ですがストーリーは患者さんが亡くなってお医者さんが訴えられたところ。

出産時の母体死亡は今は少ないそうですが、全く無いわけでもないそうです。

医療ミスは無くお医者さんも全力を尽くし患者さんは死亡する。

亡くなった患者さんの身内はやりきれない気持ちでしょうが、、、

しかし、それによって頑張っているお医者さんが追い詰められて他の患者さんの治療ができなくなるのも困ったもので。。。もうやだ〜(悲しい顔)

中には本当に悪い病院もあるようですしちっ(怒った顔)

とりあえずこれから下巻でするんるん

ノーフォールト 岡井崇




posted by totosi at 2009年11月23日12:31
| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。