放浪ニートが、340億社長になった! 中村繁夫(2)

昨日の続き、、、

世界最強の交渉人はソグド人というとこでした。

ソグド人の伝統儀式に「ゆりかご縛り」っていうのがあるんそうで
赤ちゃんを初めてゆりかごに入れるとき、口にハチミツを含ませて、手にはコインを握らせるんだってわーい(嬉しい顔)

なぜかというと

口では甘いことを言い。いったんつかんだ金貨は絶対に離してはいけないと、赤ちゃんに教えるためなんだって。

こんな人種に商売で勝てっこな〜いがく〜(落胆した顔)


この本を読んで良かったのは気持ちが前向きになれるグッド(上向き矢印)
とのかく行動するって大事だなって思いましたるんるん

そんな気分になりたい人は読んでみて下さい。

放浪ニートが、340億社長になった!世界90か国で学んだ人生を楽しむ仕事術 中村 繁夫

放浪ニートが、340億社長になった! 中村繁夫


posted by totosi at 2009年10月16日23:45
| Comment(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。