1

GODZILLA(ゴジラ) グレッグ・コックス

映画ゴジラを3Dで見ましたが、予想以上に迫力があって面白かったので小説版も読んでみることにしましたわーい(嬉しい顔)

小説は映画と同じ内容なので映画を見たあとに読むと、映画そのままのイメージで読んでしまうので新しいものはありませんでした。

とにかく映画の印象がつよくてDOLBY-ATMOS・TCXで見たので音響的にっもゴジラの鳴き声とか響きましたexclamation×2

そういう意味では小説では感じられないものが映画にはあるなと読みながら再確認しました。

ただ主人公と父親の思いなど気持ちの面では小説のほうが書かれているのでわかりやすいこともありますね。

映画では役者の演技で気持ちを受け取って想像することになりますので、人によって解釈も変わるかもしれませんね。





posted by totosi at 2014年08月23日12:48
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。