1

思い出のマーニー ジョーン・G. ロビンソン

最近映画を見て良かったから原作やノベライズを読むというパターンが増えてきてるような気がしますわーい(嬉しい顔)

この「思い出のマーニー」もそうですね〜

宮崎監督じゃないけどジブリ映画ということで見にいったら、意外と良かったぞと思い原作を読んでみたくなりました。

読んだのは新潮文庫版です。

児童文学を読むのも久しぶり。

映画も良かったけど、この原作本はもっと良かったですグッド(上向き矢印)

映画と原作では前半部分は結構忠実に再現してると思いました。

少し違ってくるのは後半部分で主人公のアンナが、引っ越してきたある家族と出会うところですね。。。

原作では、アンナがこの家族と出会って変化し成長していきますぴかぴか(新しい)

そしてラストはあたたかくて爽やかな感動をおぼえました黒ハート

なんだか今でも不思議な感覚が残っているようでするんるん

他の翻訳でも「思い出のマーニー」を読んでみたいと思ってます。



posted by totosi at 2014年08月26日23:24
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GODZILLA(ゴジラ) グレッグ・コックス

映画ゴジラを3Dで見ましたが、予想以上に迫力があって面白かったので小説版も読んでみることにしましたわーい(嬉しい顔)

小説は映画と同じ内容なので映画を見たあとに読むと、映画そのままのイメージで読んでしまうので新しいものはありませんでした。

とにかく映画の印象がつよくてDOLBY-ATMOS・TCXで見たので音響的にっもゴジラの鳴き声とか響きましたexclamation×2

そういう意味では小説では感じられないものが映画にはあるなと読みながら再確認しました。

ただ主人公と父親の思いなど気持ちの面では小説のほうが書かれているのでわかりやすいこともありますね。

映画では役者の演技で気持ちを受け取って想像することになりますので、人によって解釈も変わるかもしれませんね。



posted by totosi at 2014年08月23日12:48
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STAND BY ME ドラえもん パンフレット

STAND BY ME ドラえもんを3Dで見てきましたわーい(嬉しい顔)

STAND BY ME ドラえもん 表紙
パンフレット720円です。

STAND BY ME ドラえもん 顔開く
顔の部分が開いて泣き顔がでてきます。
左の青い部分には「すべての、子ども経験者のみなさんへ。」と書いてあります。

STAND BY ME ドラえもん 14年後の未来
のび太の青年時代に行く近未来、確か14年後。。。すごすぎる

STAND BY ME ドラえもん キャラクターとひみつ道具
キャラクターとひみつ道具の紹介。

STAND BY ME ドラえもん コミックス
映画で使われた原作の巻数とコメントが紹介されてます。

映画はなかなか面白かったです〜

正統派のドラえもんという感じで、3Dでも雰囲気がでていますぴかぴか(新しい)

ただ、しずかしゃんは可愛すぎるけど、、、すごく正確のいいしね黒ハート

登場人物もみんないい人ばっかりで、ほのぼのしてます。

もっと泣ける映画かと思いましたが笑いのほうが多かった印象です。




posted by totosi at 2014年08月16日10:06
| Comment(0) | TrackBack(0) | パンフレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。