1

マスカレード・ホテル 東野圭吾 (感想)

東野圭吾さんの新シリーズだそうで読んでみましたわーい(嬉しい顔)

ホテルが舞台のサスペンスで、連続殺人の犯人を捕まえるために刑事がホテルの従業員に扮して捜査するという話です。

最初は刑事物の作品かと思っていましたが、事件の話よりホテルの話に感動しましたグッド(上向き矢印)

ホテルに泊まることなんてほとんどないですが、ホテルの従業員がこんなにお客さんの事を考えて働いているのならそんなホテルに泊まってみたいと思いました。

全てのホテルが素晴らしいとは思いませんが、、、

小説ということでホテルの話もクレーマーについての話がよく出てきますが、どんなクレームやワガママに対しても対抗するのではなくく、感情的にならずに対応するというくだりに特に感銘しました。

この作品はてっきり刑事が主人公のシリーズかと思っていましたが、どうやら違ったようです。

刑事である新田浩介の他に、新田をサポートすることになるホテルのフロントクラーク山岸尚美も同じく主人公のようです。

今回は事件のトリックよりもホテルの物語に魅力を感じた作品でしたるんるん

本屋にあった冊子を読んでみると、ロイヤルパークホテルで入念な取材をして書かれているということでリアリティーがあると思います。

新シリーズ第2弾のマスカレード・イブが8/21に発売予定なので楽しみにしていますぴかぴか(新しい)






posted by totosi at 2014年07月27日10:45
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

All You Need Is Kill 桜坂洋

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
トム・クルーズ主演のオール・ユー・ニード・イズ・キルexclamation

意外と映画が面白かったので原作も読んでみることにしましたわーい(嬉しい顔)

日本原作という宣伝はよく流れていますね。

実際に読んでみるとライトノベルらしい軽く読める作品で、映画はうまくアイデアを取いいれているな〜という感想です。

戦闘シーンの迫力は文字ではなかなか表現できないと思いますが映像ではすばらしくスピード感とリアリティーで表現されていて楽しめます。

ゲームのように最初は簡単に敵にやられて死んでいくのがリアルでよいです。

普通主人公は銃弾の嵐の中でも弾に当たらない不思議さがありますが、この映画は遠慮なく死んでいきまするんるん

そしてコツを掴んでゲームを進めるように主人公も何度も繰り返して勝っていくのが説得力あります。

ラストも感動するとかはないけれど、単純に娯楽として楽しめる作品だと思います。

原作と映画ではちょっと違うけどそれぞれの世界観があってよいと思います。



posted by totosi at 2014年07月21日16:35
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランセンデンス パンフレット

「トランセンデンス」のパンフレットです〜820円

「トランセンデンス」パンフレット表紙

ジョニー・デップが半調っぽくなっていてタイトルが浮き出る感じになっています。
映り込みが激しく写真撮るのに苦労しました。

「トランセンデンス」パンフレット中面|科学者たちが語る『トランセンデンス』の描く世界

内容もインタビュー記事だけでなく、ボリュームもあって充実しています。
「徹底検証 科学者たちが語る『トランセンデンス』の描く世界」など。

「トランセンデンス」パンフレット中面|アジビラが語るRIFTの精神

映画に出てくるテロリストの背景などの説明もあります。

「トランセンデンス」パンフレット|別刷

なんと“超越日報”という新聞みたいなおまけもついてます。

さて、映画ですが面白かったですわーい(嬉しい顔)

トランセンデンス(TRANSCENDENCE)は超越という意味で、主人公であるジョニー・デップが演じる科学者ウィル・キャスターが人間を超越する人口知能PINNを研究しているなか、いきすぎた科学を危険視するテロ集団に撃たれ、数週間の命となる。

妻のエヴリンが夫を救うために電極移植でウィルの意識を人口知能PINNにアップロードに成功したことで新たなウィルの意識をもった人口知能が誕生する。

天才的な科学者ウィルの意識がインターネットで世界中のデータベースにアクセスすることで急速な進化をとげ新しいテクノロジーを開発していく。

その技術は人体の改造をも含めたもので再びウィルの命が狙われるというストーリー。

この映画のテーマも興味深いですねグッド(上向き矢印)

ますます進んでいく技術がどこまで映画のように現実かしていくのか?

人口知能が自我を持つことができるのか?

新しいものや未知のものを排除しようとする行動は正当化されるのか?


SF作品だけど近い未来に人類が遭遇するかもしれない問題を考えさせられる映画でした。




posted by totosi at 2014年07月03日12:10
| Comment(0) | TrackBack(0) | パンフレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。