1

楳図かずお ゴシックホラー珠玉作品集1 笑い仮面

笑い仮面

タイトルだけ見るとおかしな感じですが、、、

絵を見るとなんとも不気味なタイトルに感じますねがく〜(落胆した顔)

笑い仮面

昔読んだ時はもっと怖い話のイメージでしたが、今読んでみると怖さはそれほどないです。

物語は昭和15年の戦時中、日本のある村でアリの化けもののような赤ちゃんが生まれだした。

日本軍はそのことを秘密にするが「アリ人間」を研究する天文学者がいた。

その研究を発表しようとしているところ軍に捕まって拷問を受けることに。

しかし博士は軍の言うとおりに説をまげることをせず、罰として笑い仮面を付けられ仮面を焼かれ、一生仮面を外せない体になってしまうのだ、、、

さすがにこのシーンは凄まじかったですねふらふら

その後、博士は脱走してアリ人間の研究を続けることになるんですが、登場は少なくある村で起こるアリ人間の事件が主になり、村の少年が主人公のようになります。

全体的には昔の怪奇映画の雰囲気ですね〜

面白いテーマですが、後半怖さがあまり感じられないのが残念でした。

今後「楳図かずお ゴシックホラー珠玉作品集」として全5巻が発売される予定ということで楽しみです。





posted by totosi at 2013年10月27日12:31
| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カッコウの卵は誰のもの 東野圭吾

東野圭吾さんらしい作品ともいえるが、他の作品が凄いだけに、ちょっとものたらなさを感じる作品でしたわーい(嬉しい顔)

とはいえ、読み始めると一気に読んでしまうところは相変わらずですが。

映画では、福山雅治さん主演の「そして父になる」がヒットしているようですが、子どもの取り違えをテーマにしたドラマですね。

「カッコウの卵は誰のもの」もある理由で血のつながらない親子が登場します。

元日本代表スキーヤーが主人公(父)で、父親は母親の死後に自分が育てている子供が自分達の子ではないという事実をしってしまいます。

子供は何も知らずに父と同じくスキーヤーとして実力をつけていきます。

そこに遺伝子についてスポーツ医学的研究に協力してほしいという依頼がきて、子供の秘密がばれるのではないかと心配しているさなかに事件が起きるというお話です。

東野圭吾さんが同時期にDNAを素材に「プラチナデータ」を書いているので遺伝子なんかに興味のあった時期なんでしょうねわーい(嬉しい顔)

いつも楽しい作品をありがとう。



posted by totosi at 2013年10月13日07:13
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。