1

ライバルに差をつける!「Amazon輸出」実践編 山村敦

月に100万稼げる「Amazon輸出」入門」の続編です。

序章で「アマゾン輸出」実践者インタビューがありました。

なんと副業で月収100万円の利益!だそうです。

昼間は会社員で副業として手取り100万円の利益はすごいですねグッド(上向き矢印)

一日20〜50件の注文があるとか。

実践してみたら出来ちゃったという感じでしょうかわーい(嬉しい顔)

その他の内容は、入門編と同様に画面の画像付きで中級技などの説明があります。

そういう意味では実践編というより中級・上級篇というほうがしっくりくる感じがします。

まず入門篇を読んでからでないと、この実践編だけではAmazon輸出を実践できないです。

これからAmazon輸出をやってみてよう人は2冊セットで買ってもいいかもしれませんが、入門篇だけ読んでみて、1品だけでも試しで販売してみるというものいいかもしれませんね。

後半ではオリジナル商品を作ったり、キンドルを使ったり、ネットショップを作ったりというところまで話がすすみます。

最新情報としてグーグルショッピングエクスプレスというサービスが準備中という話までありました。

今回もプレゼントの掲載がありましたが無事ダウンロードできました。



posted by totosi at 2013年09月17日02:36
| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月に100万稼げる「Amazon輸出」入門 山村敦

最近「輸入」や「輸出」のビジネス本をよく見かけるようになりました。

本屋で平積みされているせいでしょうかわーい(嬉しい顔)

この間は「副業で確実に月30万円稼ぐ!ネットでかんたん在宅輸入ビジネス」という本を読みましたが、今回は輸出です〜

どちらかというと輸入より輸出のほうが難しいイメージがありますね。

しかし、まったくこういうビジネスをしたことのない者にとってはちょっと憧れてしまいますぴかぴか(新しい)

本を読んだ感想では本当にできそうな気がしてワクワクします。

ただ英語はツールがあるので心配ないと書いてありますが、やはり心配です。

実際著者も英語の詳しい人に頼んだりとかもしているようなので全然使わないということはないでしょう。

内容は解りやすく書かれていると思います。

実際の画面画像も豊富に使われていてイメージしやすかったです。

残念ながら読者限定「必勝ツール」プレゼントは利用者数制限ということで貰えませんでした。

かわりに他のものがもらえます。

初心者の人でおこずかい稼ぎがしたい人は参考までにこういう世界もあるというのを知るだけでも勉強になるかもしれませんグッド(上向き矢印)

posted by totosi at 2013年09月16日17:15
| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラスの親指 by rule of CROW's thumb 道尾秀介

カラスの親指 by rule of CROW's thumb  通常版【Blu-ray】)劇場公開時に映画「カラスの親指」を見てすごく面白かったので原作に興味をもち読んでみましたわーい(嬉しい顔)

作者の道尾秀介さんは、この作品で初めてしりました〜

読んでみると映画同様に原作も面白かったでするんるん

詐欺師の話ということで、内容は違いますが映画「スティング」を思い出すような出来でした。

映画を先に見てしまったので登場人物は俳優さんのイメージで読んでしまいました。

阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈と今考えると豪華なメンバーだな〜と思います。

お話は、わけあって同居している詐欺師の中年2人組の家に1人、また1人と増えていきという内容を聞いたときは、正直面白くなさそうと思ったんですが、とんでもなく面白かったですグッド(上向き矢印)

思わずラストはやられたexclamationと思いました。

「カラスの親指」っていうタイトルからしてよくわからないと思ってたんですが、“カラス”は詐欺師のことで、“親指”はその親分ってことなんですね。

この本についてはあまり内容を知らずに読んだほうが楽しめると思うのでこれ以上書かないようにします。

映画と小説は大筋ほぼ同じです、もちろん違いもありますが、、、



posted by totosi at 2013年09月08日00:37
| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。