1

新参者 東野圭吾

東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズ「新参者」ですわーい(嬉しい顔)

以前にテレビドラマでもやっていましたが、加賀刑事の役が阿部寛さんで、自分のイメージと違っていたので見ていませんでした。

そんなわけでこの話は勝手に一話完結の短篇集かなと思っていました。

実際に第一章を読んだ時点では、加賀刑事が新しい町に新参者としてやってきた人情物かと思ってました。

第二章で、これは一つの殺人事件を通して一話づつ進んでいく物語だと気づきました。

第三章まで、ほっこりとする人情話が続き、第四章あたりから事件の謎に近づいていきます。

第八章で、あっ、こいつが犯人か!とわかります。

第九章で、一気に犯人逮捕に進み結末へと向かいます。

ゆっくり読むつもりが一気に読み進めてしまいました。

そして加賀刑事のことがもっと好きなる一冊でした。

もっと奥深い物語のような気もするけど、うまく書けないのでこれくらいで…

それと、この物語に登場する日本橋の人形町という場所にも行ってみたくなりましたるんるん






posted by totosi at 2013年08月21日00:26
| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇跡の営業 山本正明

営業関係の本を読むのは久しぶりな気がします。

しかし面白いです。
あっというまに読めましたねわーい(嬉しい顔)

「奇跡の営業」というタイトルでどんな凄いテクニックが紹介されているのかと思ったら、本当に簡単なことをきっちりとやっているだけ。

その簡単なことをやり続けるのが難しいのかもしれません。

著者の山本さんは、もとゼネコンの現場監督で根っからの技術畑の出身。
それが事情があり、お金が必要になって、44歳でソニー生命に営業として転職したそうです。

入社後の3ヶ月はどん底を経験したそうですが、それ以降契約が途切れることなく、同期トップの営業マンとして新人賞を獲得。

9年目にして社内の短期コンテスト件数部門で全国一位になりソニー生命4000人の頂点に立ったそうですグッド(上向き矢印)

では本人いわく口下手な山本さんがトップをとった奇跡の営業とはどんなものかというと紹介を重視したものだそうです。

読んでいると契約をとることより紹介をもらうことに力を入れているようにも感じます。

その紹介をもらうために使っている魔法のアイテムがアンケートです。

紹介のお客さんなら普通よりずっと契約率もあがるでしょう〜そして契約したお客さんからまた紹介をしてもらって契約するという良い循環ができているようですぴかぴか(新しい)

しかし紹介だからといって簡単には契約いてくれないでしょうexclamation

山本さんは保険の説明をかなりわかりやすくお客さんに話しているようです。
だからお客さんも納得して満足し契約したうえに紹介もしてくれるのでしょう。

仕事をしていく上でいろいろと葛藤もあったようですが、お客様のために一生懸命にライフプランとしての保険を勧めているようです。

とにかく、営業に限らず仕事の基本となる事柄がさりげなく紹介されていて、営業の人に限らず役にたつと思います。

また、魔法のアンケートもフォーマット付で詳しく説明してくれているのが嬉しいです。





posted by totosi at 2013年08月18日01:36
| Comment(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オレたちバブル入行組 池井戸潤

大ヒットドラマ「半沢直樹」の原作ですわーい(嬉しい顔)

たまたまドラマの第1話を見て引き込まれ、それから毎週日曜日が楽しみになってます。

正直「半沢直樹」というタイトルで何のドラマかも分からず見始めたのですが、一切目を話す事ができなかったですね。

そんなわけで原作も読んでみたくなりましたが、とりあえずドラマがよかったので終わるのを待ってました。

ドラマでは第1部、原作の「オレたちバブル入行組」が終了したので読んでみました。

ストーリーはほぼ同じですが、読んでみるとドラマがいかに上手く出来ているかわかりました。

よくあるのは原作が面白くてもドラマや映画のほうが落ちるイメージですがこの作品に関しては違いますね。

設定の違いは少しあります。

原作の方がシンプルですが、ドラマでは国税局の黒崎(片岡愛之助)、愛人の未樹(壇蜜)、裏切り者の板橋(岡田浩暉)、人事部の小木曽(緋田康人)などが強烈なキャラクターとして上手く味付けして登場してきてドラマを盛り上げます。

最近はドラマの視聴率が良くないといいますが、ただ単に面白くなかっただけなんですね。

今後の「半沢直樹」にも期待したいです。

それから原作の続き「オレたち花のバブル組」も読んでみたい。

posted by totosi at 2013年08月14日14:38
| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。