1

プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法 石井琢磨

最初ちょっと難しいかなと思いましたが、全然そんなことなくて、解りやすく面白かったですわーい(嬉しい顔)

タイトルに「心理戦」と入っていますが、以前に心理学の勉強がしたくてカウンセラーの講座に通ったことがありますが、交渉ではこんな風に使うのか〜と実践的な勉強になりましたグッド(上向き矢印)

実際に弁護士として数々の交渉をしていらっしゃるので、例がリアルでわかりやすいです。

弁護士としての交渉だけでなくビジネスや日常でも使えるのが嬉しいですね。

しかし同時に悪人に使われたら怖いなとも思いましたがく〜(落胆した顔)

ちょっと笑ってしまったのは(苦笑いですが、、、)“「サンクコスト」の活用法”という箇所です。

サンクコストという言葉は初めて知りましたが、これは例えばギャンブルなんかで負けてしまった場合、あと少し頑張れば取り返せるんじゃないか?ここで止めたらもったいなと思ってしまう事でどんどん損が増えていくことでしょうか。

この本では水商売の女性の使うお金の例を紹介してくれていますが、最近の自分の実体験ではスマフォゲームのガチャが正にそれだったんじゃないかと思います。

普段はやらないんですが、何かのきっかけで初めてイベントか何かでセール期間というのがあってちょっとぐらいならいいかと思ったんですが、欲しいモノが手に入らずもう一回、もう一回と続けているいるうちに、ここまでつぎ込んだんだから欲しいアイテムが手に入るまでと正常な判断ができなくなって無駄な出費をしてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

まぁ〜こんな具合に実生活でも使っていける方法を色々と紹介してくれているので、予想以上に自分にとっては読んで良かったと思える本でした。

人と人の交渉なんだから「感情」「論理」そしてまた「感情」で終わる。

それとあくまでも自分に有利なように交渉するのは大事ですが、決して相手を悪者にしたり、やり込めたりすることが目的ではないというのが素晴らしいと思います。

ラストの司法修習時代の話は個人的にはちょっと感動しました。

読んで損はない本だと思いましたぴかぴか(新しい)






posted by totosi at 2013年08月30日23:59
| Comment(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人造人間キカイダー The Novel 松岡圭祐

本屋をウロウロしてたら見つけました〜

「人造人間キカイダー The Novel」表紙がインパクトあったので思わず手にとって見ました。

著者は松岡圭祐さんではないですかexclamation×2

松岡圭祐さんは「催眠」を読んで衝撃を受けて、その後「千里眼」シリーズを夢中で読みましたわーい(嬉しい顔)

蒼い瞳とニュアージュ」は感動して2冊も買ってしまいました。

その後、各シリーズ“完全版”というのが出て読んでみましたが、別の人が書いてるんじゃないかと思うぐらい軽い文章になってあまり読まなくなりました。

しかし、やっぱり面白いですねるんるん

もともと石ノ森章太郎の原作漫画が大好きだったので興味津々で読みました。

もちろんTV版も見てました〜

松岡圭祐さんらしく、現代風に上手くアレンジされてると思いますぴかぴか(新しい)

どちらかというとTV版をベースにしているようですね。

また2014年に映画化されるということで楽しみと不安がありますね。

楽しみは最近では日本でもCG技術が進んでるので期待したいのと、不安は松岡圭祐さんの映像作品は今まで自分的には満足できなかったことですね。

特に「千里眼」は劇場に見に行きましたが演出がひどすぎて途中で出てしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

キカイダー好きな人にはこの本はお薦めかもしれませんねグッド(上向き矢印)


posted by totosi at 2013年08月29日12:39
| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方 北山公一

「日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方」というタイトルから話し方教室的なものを想像してましたが、グローバル企業でのコミュニケーションのとり方を教えてくれていますわーい(嬉しい顔)

グローバル企業と日本企業の違いがわかります。

会議ではどうか、エレベーターやメールでのやりとりまで紹介してくれています。

一番印象に残っているのは、明確に話すと言うことでしょうか。

これは、グローバル企業では色々な国の人が働いているわけだから、バックグラウンドや考え方や違う人もいるのだから、曖昧な事を言っていては誤解されたりすると困ります。

日本ではなんとなくで通じる事もありますが、むしろそれが普通かな、、、全部言わなくてもわかるでしょ〜的な空気があります。

イエス・ノーもはっきりさせて、その理由もはっきり伝えなければならないとのことです。

しかし、「違い」は「間違い」ではないということだそうで日本では意見の違いをとなえるとどうしても否定的なニュアンスになりますが、欧米の文化では個性や違いを重んじるところがあり、個々の意見が違うのは当たり前という考え方があるようです。

だから、違う意見を言っても、どちらか一方が間違っているというニュアンスにならないようなので、相手を攻撃しているようにはならないので思い切って意見を言ったほうが良いようですね。

なるほどね〜と気づかせてくれることが沢山あります。

グローバル企業で働いてみたいという人は読んでみて損はないと思います。

また普通に日本企業で働いている方も、会議の仕方など取り入れていけばいいんじゃないのと思ったりもします。

自分でもどれだけ無駄な会議を経験してきたことでしょうふらふら

付録として「グローバル企業で好まれるフレーズ」と「グローバル企業のことがよくわかるブックガイド」が付いています。







posted by totosi at 2013年08月26日17:57
| Comment(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。